実際に行くことで、かかりつけ医を見極める

息子を妊娠中に、夫の提案もあって、私の実家と夫の職場、消化器内科を評判の芦屋で探すと私の職場の中間地点に家を買うことになりました。しかし、そこは知らない場所。どこにどんな病院があるかわからないし、実際の評判もわかりませんでした。そして一番の問題は小児科。生まれてくる大事な息子のかかりつけ医を探したいと思っていました。

引っ越してから、内科を検索すると話題の芦屋は近くの保健センターで妊娠中にその不安を打ち明けたところ、いくつかの小児科を紹介してもらいました。1番の候補は車を所有していないため、自宅から徒歩でいけるA小児科にしました。A小児科には息子が生まれてから、予防接種で沢山通いました。ただ、先生が一人で健康診断、予防接種、外来も診察しているため、予防接種の枠が少ないようで、なかなか予約がとれませんでした。予防接種は定期的に接種しないと、次の予防接種がどんどん後ろ倒しになるため、なるべく接種予定日からずれないようにしたいと考えていた私は、2番目の候補だったB小児科の予約をとって、タクシーで向かうことにしました。B小児科は予防接種棟があり、外来棟とは分離されていました。評判の工務店を探すとこの青梅ではこれは、予防接種のために病院にいって、息子が他の病気をうつされるリスクが少なく、とても嬉しかったです。しばらくはA小児科を主体としてB小児科で補う状態が続きました。

しかし、息子が1歳3か月頃にA小児科で4本同時接種を予定する日があったのですが、B小児科では独自のおススメ接種の流れをHPで公開しており、薄毛治療は話題の大阪でAGAの時間はかかるけども、2本ずつの接種を推奨しており、考えさせられました。また、保育園に通うようになってから、風邪をよくひき、鼻水を一人でかめない息子は中耳炎によくなりました。そんな風邪の症状でB小児科の外来にいくと、必ず鼻を吸ってくれるのです。息子の鼻水を自宅の鼻水吸い取り機で何度も吸おうとしましたが、嫌がる息子を抑えることができず、できていなかったので本当に助かりました。そんな点から、現在の息子のかかりつけ医はB小児科です。自分の足で通って、納得して決めたことなので、迷いはありません。